Items 髪型アイテム取り付けスクリプト

これは,VRoid studioの髪型で作ったアイテムの取り付けを行うjavascriptです。 VRoidの髪型のメッシュは,髪型のボーンにウエイトが付いていますが, 髪型ボーンの根本のボーンは,頭(Head)を親ボーンとして取り付けられています。 このため,髪型で髪飾りなどの頭につけるアイテムを作った場合は,頭と一緒に動いてくれますが, 羽やしっぽなど背中やお尻に付けたい場合でも頭と一緒に動いてしまいます。 このスクリプトは,髪型で作ったアイテムをVRoidのいろいろなところに取り付けることができます。 このスクリプトは揺れもの設定に対応していません。 羽やしっぽなどの揺れものには, 羽・しっぽ用ボーン・ウェイト変更スクリプトを使ってください。

スクリプトの実行

amazon ほしいものリスト (ご支援いただけると嬉しいです)

使い方

  1. VRMファイルのエクスポート
    VRoid studioで,モデルに髪型で作ったアイテムを取り付け,VRMファイルをエクスポートします。 このとき,髪型で作ったアイテムは,普通の髪型と違う種類で作成されている必要があります。
  2. 髪型アイテム取り付けスクリプトへアクセス
    Webブラウザで,ボーン・ウェイト変更スクリプトのページを開きます。
  3. VRMファイルの選択
    髪型アイテムを取り付けてエクスポートしたVRMファイルを選択します。 VRMファイルが読み込まれると,モデルの3Dプレビュー表示されます。
  4. 髪型アイテムの選択
    取り付ける髪型アイテムをクリックして選択します。 選択された髪型アイテムが黄色くなり,ギズモが現れます。 もう一度クリックすると選択解除,複数のアイテムを選択できます。 また,チェックリストで選択することもできます。
  5. 髪型アイテムの移動・回転・拡縮
    ギズモで髪型アイテムを移動・回転・拡縮します。 Move, Rotate, Scaleのボタンを押すと,ギズモが移動・回転・拡縮のモードに変わります。
  6. 取り付け先ボーンの選択
    Boneセレクタで髪型アイテムを取り付けるボーンを選択します。 最初はお尻(Hips)になっていると思います。 Humanoidボーンがすべて表示されているはずです。
  7. 髪型アイテムの設定
    Setボタンをクリックすると,に変更されます。 取り消す場合は,Cancelボタンを押してください。
  8. VRMファイルのエクスポート
    Exportボタンを押すとアイテムの移動・回転・拡縮と親ボーンが変更されたVRMファイルがダウンロードフォルダに保存されます。 このとき,ファイル名は「new VRM.vrm」に固定されていますが, ダウンロードフォルダに同じファイル名がある場合には,通常は「(2)」などの添字が付きます。 エクスポートしたファイルは,移動やリネームなどしてください。

スクリプトの実行


2022 Ringo🍎🍎🍎, @ringo3apples, All right reserved.